銀塩フォトブック

データでは得られない魅力いつでも開ける思い出のアルバム

 

最近は何でも写メやデジタルカメラで撮影して、データとして残すから思い出の品やアルバムも捨てることができると、写真撮影を利用した断捨離ブームが巻き起こっています。

 

 

たくさんの品物はともかく、写真までデータで代用できるのでしょうか。

 

 

個人的にはやはり子供の成長写真や家族の軌跡などの思い出は、いつでも手にとって、みんなで眺めることもできるアルバムスタイルが適していると思っています。

 

 

もっとも、私も撮影自体はデジタルに頼っているので、データのアウトプットをしなくてはなりません。

 

 

自宅で行うと画質がいまいちだったり、耐久性が低いので、長く色あせずに楽しめるよう、ビビプリに依頼しています。

 

 

プロによるプリントアウトサービスはもちろんですが、お気に入りは銀塩フォトブックです。

 

 

100年の耐久性がある高品質なアルバムなので、子供の成長記録や家族旅行など思い出に残したい写真を厳選してお願いしています。

 

 

出産して赤ちゃんが生まれ、その子がすくすくと成長して大きくなり、やがて結婚して子供ができて、おじいちゃん、おばあちゃんになった時にも孫と一緒に眺めることができます。

 

 

写真に写っている小さな自分を見て親の愛情を感じられ、何世代も受け継げる銀塩フォトブックはおすすめです。